木崎改め美ノ海の新十両に関する記録

平成30年夏-名古屋場所

大相撲の細かすぎる記録が大好きな
ペパーミントあいです。

平成30年夏場所後の番付編成会議にて、
木崎改め美ノ海(ちゅらのうみ)の
新十両が決定しました!

美ノ海の新十両に関する記録
まとめました。

美ノ海は沖縄県出身で
5人目の関取であること、

「美ノ海」の四股名の由来、
美ノ海と同学年で活躍する
主な力士の情報をまとめています。

美ノ海は沖縄県出身で5人目の関取

美ノ海は沖縄県出身で
5人目の関取
となります。

沖縄県出身の新十両は
平成14年(2002年)九州場所の琉鵬以来

以下に過去の沖縄県出身の関取の四股名、
出身地、新十両の場所、最高位を
まとめました。

沖縄県出身の関取
四股名 出身 新十両 最高位
琉王 那覇市 昭和45年春 前頭筆頭
琴椿 那覇市 昭和60年九州 前頭3枚目
若ノ城 那覇市 平成7年秋 前頭6枚目
琉鵬 中頭郡中城村 平成14年九州 前頭16枚目
美ノ海 うるま市 平成30年名古屋

※琴椿は現在の白玉親方です。

美ノ海の四股名の由来

「美ノ海」という四股名は、
学生時代に仲間内で冗談で話していた
四股名でした。

十両に昇進しても、
当初は改名するつもりはなかったとのこと。

でもいざ昇進したら、
故郷の沖縄を感じさせる四股名
つけたいと思いました。

そしていくつか候補が上がったなか、
一番しっくりきた「美ノ海」に
決定したとのことです。

「美」を「ちゅら」と読むのは
沖縄っぽくていいと思います^^

「ちゅらのうみ」という全体の響きも
美しい沖縄の海を連想させますね

故郷にまつわる四股名って、
いいですよね^^

宇良が書いた「美ノ海」

ちなみに、会見で掲げていた
「美ノ海」の札は、
同じ木瀬部屋の宇良が書いたもの
みたいですね^^

怪我で長期休場中の宇良君。

名古屋場所からの復帰は
難しいようですが、
元気そうで何よりです^^

美ノ海の同学年の主な力士

美ノ海は平成5年(1993年)5月6日生まれ。

同学年の力士には
逸ノ城、大栄翔、豊山、朝乃山がいます。

逸ノ城と美ノ海は
鳥取城北高校時代の同期です。

大栄翔は高卒で入門、
豊山と朝乃山は大卒で三段目付出し
デビューしています。

一学年下には阿炎と輝がいます。

目指せ!沖縄出身初の三役

以上、木崎改め美ノ海の新十両に関する
記録についてまとめてみましたが、
いかがでしたでしょうか?

沖縄出身の関取って、
実はとても少ないんですね。

最高位も琉王さんの前頭筆頭なので、
美ノ海が三役に昇進すれば
「沖縄出身初の三役」になります。

同学年のライバルたちも
頑張っていることだし、
美ノ海にもぜひ早くこの輪に
加わってほしいところ。

これからの活躍が楽しみな力士です^0^

以上、ペパーミントあいが
お届けいたしました。

情報参照元:各種スポーツ誌、Wikiペディア

アイキャッチ画像は日本相撲協会公式ツイッターより